社員インタビュー

前職では叶わなかった
開発業務に深く携わることで、
日々成長を実感しています。

情報システム事業部/2019年入社

ソフトウェア技術者  I

ソフトウェア技術者  I

開発業務に携わり、技術を高められる環境に惹かれて転職

私は転職してクオーマに入りましたが、前職でもITエンジニアとして4年間働いていました。以前の会社では、製造業の会社で使われているシステムの運用・保守に関する業務が中心で、これまでの経験を活かしつつ、開発業務により深く関わる仕事がしたいと考えていました。エンジニアとしてスキルアップを図るにはどんな企業がいいだろうと思いながら転職先を探していたところ、転職サイトで見つけたのがクオーマです。

一番惹かれたのは、開発業務がメインであり、仕事を通じてスキルアップが図れる点でした。また、面接で社長と直接お話する機会をいただき、「もし仮に会社を離れることになっても、スキルを持っていればどこでも生きていける」と背中を押されたのも大きかったです。この会社であれば、確固たる技術を身に付けられそうだと強く感じましたね。






安易に質問するのではなく、まずは自ら考えて行動する



現在は、自動車関連の企業で使われている業務管理システムを担当しています。案件の承認を取るシステムの改修などを行うのが主な役目です。いくつかの企業が統合されるのを受け、それぞれの会社で扱われていたデータを集約することになり、これに伴って発生する不具合を解消するための改修業務などを行っています。前職では運用・保守が中心だったこともあり、開発関連の業務に関わることができているのが純粋に楽しいですね。

仕事をするうえで大切にしているのは、なんでもやってみてから考えることです。常に前向きにチャレンジする姿勢を大事にしています。業務を進めるうえで分からないことがあっても、そのままストレートに質問をぶつけるのではなく、まずは自分で調べたり、手を動かしたりしてみる。その方がきっと自分の成長にも繋がると感じています。





将来的には自社のパッケージソフトを開発してみたい

学生時代にはプログラムを書く勉強をしていましたが、前職では運用・保守がメインだったこともあり、開発業務の流れについてほとんど理解できていませんでした。クオーマに入社後は、それまでやってみたいと考えていた開発業務に携わるなかで、どのように業務が流れていくのかを上流工程から知ることができたのがとても大きな成長だと感じています。もちろんプログラムを書くことも大事ですが、お客様が利用することを踏まえ、きちんと動くのか、使いやすいかといった視点で物事を考えることが大事だと改めて気づかされました。

今後の目標は、まず目の前の仕事を通じてノウハウを蓄え、開発スキルをアップさせること。そして3年くらいを目途に東京で活躍したいと考えています。最終的には自社パッケージソフトの開発などをしてみたいですね。